サイトマップ サイトポリシー 個人情報保護方針

校長 那須野 泰
  総合部には、誰から何を言われなくても、朝の読書や昼の学習に取り組み、生活のリズムをつくりあげてきた「先輩」がいます。ひとつの問題を、共に考え、新しい疑問へと拡大、深化させ、授業をつくりあげていく友だちがいます。そして早くあの先輩のようになりたいと願う「後輩」もいます。
 こうした仲間と同じ学級で暮らす子どもたちを本当に幸せだと思います。
 私は「君が開智だ」というプラカードを持って立っています。
 それは、君の行動ひとつひとつが総合部そのもの。君が自ら獲得して、実際の活動につなげたこと以外に総合部はどこにもないというアナウンスです。
 子どもたちは道徳的な基準を軸に、他者を認め、互いの違いを楽しむ総合部の学びの中にいて、思いやりや優しさを大切に、夢を持ち続け、社会貢献できるリーダーへの歩みを確実に進めています。











 自分の得意をいかした専門的な分野での知識や能力を高め、スペシャリストとして社会貢献できる人材を育てるために、質の高い基礎の学びを徹底します。また、社会貢献することに喜びを感じる感性を身に付けるために、様々な自然・社会体験活動を経過に行います。

 学びを通して人の心は豊かになり、心豊かになることにより深い学びができます。子どもたちが自ら主体的に「学び合う」楽しい授業を通して、豊かな心を育てます。また異学年齢学級でのさまざまな交友を通して、人の心に共感できる優しく強い心を培います。

 授業を通して、「なぜ」を考え、思考力を育て、自分の考えや意見を発表することで自己発信力を育てます。また授業以外にも、様々な体験学習の場で、児童生徒自身が中心となって「考え」、「企画し」、「話し合い」、「実行・実現する」という経験を通して、創造力と主体性、自主性を育てます。



 それぞれの違いを知り、他者を認め、自分自身の得意分野や独自性を見つけ、伸ばすこと。

 自分自身の人生での「目標」(=「成功」「幸せ」)を見つけ、それに向かって努力実践すること。

 その「成功」「幸せ」が社会に対して意義あるものでなければならないことを認識し、行動すること。
総合部の理念 総合部の学び 入学のご案内  その他
開智の教育方針・目標 各教科の特色 学校説明会の日程 総合部Q&A 開智小学校学則
4-4-4制の12年一貫教育 開智での1年間 入試・編入試験について アクセス 開智中学校学則
異学年齢学級 開智で過ごす一日 総合部の制服 保健室からのお知らせ 教育課程
開智教育の重点 テーマ型の総合学習 納入金について 各種届ダウンロード 平成26年度学校評価
生徒が紹介する開智 開智育英奨学金
委員会活動  
Copyright 2003 Kaichigakuen Sougoubu. All rights reserved.