先端クラス  自ら考え、学び、創る授業
 生徒が主体となり、学びあいにより実践的な知識や考え方を習得し発信する、探究型授業を推進する。
 
先端クラスの特徴 part.1
知識に基づいた探究型授業
 授業において、基本的な知識を習得することに重点をおき、その知識を最大限に活用することにより、発展的な知識の定着や行動に結びつけることを主眼に授業を展開します。具体的な授業方法として「学びあう力」や「共同して学習する姿勢」を身につけることができるような対話型の授業、他者と協力して「考え抜く力」をつけるような探究型の授業を実践しています。
 
先端クラスの特徴 part.2
学年ごとにテーマを設定
 先端クラスでの4年間の学びが、より実践的で具体的になるように学年ごとに身につけたいテーマを掲げています。
・友人の意見に耳を傾ける「聞く力」
・自身の考え方をわかりやすく発信する姿勢として「伝える力」
・見聞を広げ、自分の発信力を高める姿勢として「視野を広げる力(外に出る)」
とテーマを設定し授業や特別活動が行われています。
 
PAGE TOP