一貫クラス

じっくり学び、発信する授業

 じっくりゆっくり着実に学ぶ。生きた知識や考え方を積み上げ、高度な応用力とする。開智伝統の授業を推進するクラスです。

一貫クラスの特徴


1.じっくり取組む授業

 生徒の学ぶ意欲を育てる質の高い授業内容です。習熟度別の授業やわかりやすい授業により、きめ細かな指導体制を導入しています。放課後や夏期・冬期の講習により学習をサポー卜します。
2.グループワークを活用した授業

 先端クラスでの授業の取組みの成果に基づいて、グループワークによる学び合いの授業を展開します。主体的にじっくり授業に取り組むことができるため、「ほんもの」の力を身につけることができます。
 
 

 
3.ワークショップの授業

 道徳の授業ではスクールカウンセラーと担任とがチームになってワークショップを展開しています(年間15時間程度)。体を動かしながら、クラスの仲間とともに相手の立場に立って考え、人の気持ちや心の痛みを共感できる心を培います。
 
PAGE TOP