現在、民間のコンサルタント会社に勤務しており、そこから日本原子力研究開発機構(茨城県東海村)に出向しております。業務としては放射性廃棄物の地層処分安全評価研究を行っております(簡単に言えば、地下深くに埋めた放射性廃棄物が、数百万年といったスケールで人間にどういう影響を及ぼすのか、ということを評価し、処分施設の安全性を議論しています)。

 発展途上国の線虫病への対策等で2億人が助かったと、それはどんな最先端の科学研究にも勝るものであると思います。また、個人的なところで言えば長年犬を飼っておりますが、定期的に飲ませるフィラリア予防薬へも大村先生の研究成果が利用されているとのこと、身近なところでも恩恵を受けていると知り、驚いております。愛犬に代わり感謝申し上げます。そのような方から大村賞を頂いたこと、改めて光栄に存じます。

 
PAGE TOP