.                            

開智学園教職員専用ページ

sprout.gifsprout.gifsprout.gifsprout.gifsprout.gifsprout.gifsprout.gifsprout.gif

意図せずにハラスメントの加害者になっていませんか
  その「つらさ」はハラスメントに当たりませんか

この程度でもアウト! パワハラ 「おい、お前!」でもパワハラになる。

 勤務中の会話で「お前!」「てめえ」「貴様」などと呼ばれたことはありませんか?
それも立派なパワハラです。
 不快に感じ、それが職場での立場の差、人間関係によるものなのであれば、十分パワハラになります。
しかし、多くの職場で、解決出来ないまま、メンタル的に疲弊していっている労働者は少なくないと思います。
 問題は加害者側には相手にそこまでの不快感を与えているという問題意識がないこと、被害者側にもどこの職場でも同じだと、人間関係を初めから諦めてしまっていることが重なり、対策が遅れていく、もしくは対策が全くされないことです。
下記のような行為がパワハラとして認められるにもかかわらず、一般的に多いケースとして挙げられます。

  • 業務上の失敗を叱責する際に机をバンバン叩いて威圧する。
  • 現実的でないノルマを課される。足を引っ張るような仕事を押し付けられる。
  • 人格や人間性まで否定される。
  • 何かにつけて恫喝される。
  • 荒い言葉で一方的に指導・叱責する。特に周囲に第三者がいる場合、大きな問題になる。
  • 上司の気分によるなど、日によって態度が違う。

モラルハラスメント  パワハラなどと重複しています

 ことばや態度などによって人の心を傷つける、精神的な暴力や虐待。モラハラと略す。職場や学校、家庭などにおける陰湿で精神的な嫌がらせなどをさします。
 暴言や無視などの精神的な暴力によって被害を受けた人は、ストレスをため込み、心身に重大な影響が出るようになるったり、自律神経失調症やうつ状態、深刻な精神障害や自殺に至るケースもみられます。同時に、免疫力の低下などに起因する、体の異常が起こる場合も少なくありません。
❏ 仕事にかこつけて傷つける行為

  • 指示した仕事しかさせず、自由な動きを制限する
  • 業務に必要な情報を与えない
  • 意見や主張をことごとく反対する
  • 仕事ぶりを必要以上に批判する
  • 今までさせていた仕事を取り上げ、他の職員に与える
  • 本人の能力からすれば簡単すぎる仕事をわざとさせて屈辱を与える
  • 本人の能力からすれば難しすぎる仕事をわざと選んで与え、困惑させる
  • 有給休暇を取らせない、理由のある欠勤をさせないなど、労働者として認められる権利を行使させない
  • 昇進を阻む、不当に評価を下げる
  • 本人の健康状態には負担にすぎる業務をわざと与える
  • 業務上、本人の責任になるようなミスをわざと発生させる
  • できるわけがない業務命令を出す

❏ コミュニケーションを遮断して孤立させる行為

  • 本人が発言しようとしても、話の腰を折って最後まで聞かない
  • 話しかけない、無視する
  • メールやメモだけでコミュニケーションを取ろうとする
  • 目を合わせないなど、コンタクトそのものを避ける
  • 意図的に仲間はずれにする
  • 一緒にいても存在を無視して、空気扱いする
  • 他の社員とコミュニケーションを取ることを許さない

❏ 自尊心を奪う行為

  • 本人の発言にため息をついたり、肩をすくめたり、苦笑したりして軽蔑的な態度を取る
  • 悪い噂を流す(夜にいかがわしいバイトをしている、仕事中に副業しているらしい、など)
  • 本人の家族を悪く言う(妻が元〇〇らしい、親が精神病だ、など)
  • 精神的な病気であるという(お前は精神病だな、など)
  • 身体的な特徴をからかう、障害を差別する(デブ、ハゲ、臭いぞ、など)
  • 身体的な特徴や話し方、クセなどを真似して、周囲の笑いを取ろうとする(宴会などで本人の吃音をまねて笑いを取る、など)
  • 本人の信仰する宗教や思想、政治信条をわざと攻撃したり軽蔑したりする。
  • 相手の経歴や立場からすれば屈辱的な仕事をさせる(特定の男性社員に女性トイレの清掃をさせる、など)
  • わいざつで下品な言葉でののしる
  •  暴力、暴言、性的な圧力で脅す行為
  • 「殴るぞ」「次やったらぶっとばすから覚えておけ」などと言って脅す
  • わざとぶつかる、小突く
  • 目の前でドアをバタンと閉める、資料を乱暴に置く、物のやり取りの際に投げたり引っ張ったりする
  • 本人の私生活に侵入する(何度も電話をかける、メールを送る、家の前で待ち伏せる)

セクシャルハラスメント

 セクハラの構成要件としては、「性的な言動がある」「それが相手の意に反している」「職場の」「労働条件について不利益を受けるか、就業環境を悪化させるか」があげられます。
❏ まず性的な言動とは何でしょうか。日本語で性というと生物学的性(セックス)をすぐ思い浮かべますが、それだけではなく性には社会的・文化的に形成された性(ジェンダー)があります。「女らしさ・男らしさ」を強調したり、性別役割分担を押し付けたりすることはジェンダー・ハラスメントになるでしょう。
❏ 次に相手方の意に反しているかどうかは主観性が入ることを意味します。つまり性的な言動があっても合意の上であれば違法性がないので、被害者は意に反していることを示さなければなりません。その行為が意に反しているかどうかは、平均的な女性の常識で判断されるべきでしょう。
❏ 職場とは、物理的に日頃勤務している場所だけでなく仕事に関連して出張した所もあれば、勤務時間外に仕事をす
 る場合、懇親会などの場であっても含まれます。
❏ 労働条件につき不利益を受ける場合とは、相手の対応によって不利益を与えることのできる地位にある人によって
行われるのが通常であるため「地位利用型」ともいわれますが、その性的言動に対する女性労働者の対応がきっかけとなって解雇したり、配置転換、転勤、出向させたり、降格、昇給停止、賃金や賞与の査定を低くすることなどが例としてあげられます。それに先行するセクハラとの間には因果関係が必要ですが、それらの行為がないとの立証は加害者の側に課せられるべきです。

  • 性的な冗談や質問:性的な経験:性生活について話題にしたり、下着のサイズや色を尋ねたりする。
  • 相手が望まないのに体に触れる:寄りかかったり、胸やお尻を触ったり、肩に手を掛けたり、髪の毛に触れたりなど。
  • 不快な環境で居心地を悪くする:ヌードのカレンダーなどをはるなどして女性にとって不快な環境をつくる(「環境型セクハラ」と呼ばれている)。
  • のぞき見や盗撮:更衣室などをのぞき見したり、カメラなどでの盗撮、いやらしい目つきでジロジロ見る。
  • プライバシーに立入り過ぎる:「恋人はいるの?」とか「性的経験は?」「子どもはまだ?」などと個人的な質問や性的な質問をくり返すなど、プライバシーに立ち入り過ぎる。
  • しつこく交際を迫る:電話をかけたり、手紙や待ちぶせなどで相手が望まないのにしつこく交際を迫る。また、抱きついたりキスしたり、手を握るなど性的な関係を強要する。
  • 宴会などでお酌を強要する:例えアフターファイブでも、カラオケなどでデュエットを強要したり、お酌やダンスを強要することも該当。
  • 性的な内容の噂を流す:「○○とできている」「性的にふしだらだ」などの噂を職場などに流し、業務を妨げ、不快な環境をつくる。
  • 立場や地位を利用して「デート」を強要したり性的な関係をせまる
  • セクハラへの拒否を理由に降格、配置転換する:セクハラを拒否したことを理由に、居にくい職場環境をつくったり、降格や配置転換など不利益を与えるのは「対価型セクハラ」にあたります。
  • セクハラへの抗議に対し不当な扱いをする:セクハラを抗議した人に対して、加害者や事業主が降格や配置転換など不当な扱いをすることはゆるされません。

マタニティーハラスメント

妊娠・出産・育児を機会に職場において、精神的・肉体的な嫌がらせや、給料の減給、不当解雇、雇い止め、内定取り消しなどの扱いを受けることを言います。
また、妊娠・出産・育児に関係することで不快な思いをさせられた場合でも、「マタハラ」と言えます。
  職場による「マタハラ」は大きく分けて以下の4つに分類されます。
❏ 押し付けタイプ:「妊娠中や産後はこうあるべき」など、一方的な価値観を押し付けるタイプ。悪意が無い場
  合も多く、 知らず知らずの内に加害者になってしまうケースでもあります。

  • 「妊娠して体辛いでしょ?休んでいいよ」
  • 「出産したら育児に専念すべき、無理に働かなくてもいいのでは?」
  • 「妊娠って病気じゃないんでしょ?今まで通り働けるよね?」

❏ 嫌がらせタイプ:妊娠・出産を機会に制度等を利用したいと申し出る女性に対して嫌がらせをしたり、体調の変化によって労働力の低下が見られた場合に嫌がらせをしたりするタイプです。

  • 「(休み明けに)この忙しい時につわりなんかで休まないで」
  • 「育休なんてうちにはない、保育園に預ければいいんじゃないの」
  • 「あなたが休むと自分の仕事が増えるから困る」

❏ 否認タイプ:妊娠や出産を機会に、どうしても今まで通りの働き方はできなくなります。しかし、 妊娠や出産
を理由に働き方を変えるということを認めないタイプが否認タイプの「マタハラ」です。いわゆるパワハラタイプ
の「マタハラ」とも言えます。

  • 「残業もできない人間なんかいらない」
  • 「妊婦だからって特別扱いはしない、今まで通りきちんと働いて」
  • 「仕事量を減らしてほしい?アルバイトでもないのに馬鹿なこと言わないで」

❏ 誘導タイプ:妊娠・出産を機会に、退職に誘導するタイプの「マタハラ」です。多くの場合は、周りや自分に迷
  惑がかかるのを恐れてのケースが多く、迷惑が降りかかる前に追い出してしまおうという悪質なマタハラです。

  • (切迫流産で仕事に戻れないとなると)「戻る場所はないから、辞めてもらうしかない」
  • (妊娠を報告すると)「周りに迷惑がかかるから、辞めてもらう」
  • 「産休を取るなら辞めてもらうことになる」

意図せずにハラスメントの加害者になっていませんか/その「つらさ」はハラスメントに当たりませんか

文責:岩槻 中村

k942367917.jpg

ちひろ
sprout.gifsprout.gifsprout.gifsprout.gifsprout.gifsprout.gifsprout.gifsprout.gif













ここに示す「方針」「委員会規定」、その他は、㈻開智学園設置諸学校のうち、開智国際大学を除く、全ての学校に適用されます。
開智国際大学は、「開智国際大学ハラスメント防止等に関する規程」に基づき、別途、ハラスメント防止委員会を設置しています。